ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

朝の時間帯がダイエットにいい理由!ダイエット方法(下半身スクワット)

ダイエットってどの時間帯にすれば効果が大きいのかな?疑問に思っている人も多いはず、、今日はどんな時間帯にダイエットをすれば効果がより出せるかについて紹介していきたいと思います。

 

ダイエットに良いとされる時間帯

脂肪を燃焼させるなら朝!その理由とは

脂肪はいつでも燃焼しますが交感神経が活発に働いている時ほどより脂肪燃焼が多くなります。交感神経が活発になると血流が促進され体内の消費エネルギー基礎代謝も上がります。

朝の運動にはこの交感神経を活発にする力があります。

朝にこの交感神経を刺激することによりその日一日の基礎代謝を高い状態に保ち消費カロリーの増加も見込まれます。

脂肪燃焼を高くしたり消費カロリーを高くする朝ダイエットですが夜の運動ではどうなのでしょうか

夜の激しい運動は体が興奮状態になり寝付きが悪くなってしまいます。夜はなるべく激しい運動をせずにゆったりとしたストレッチのようなことをしましましょう。

f:id:uichi0920:20190910122240j:image

朝にオススメな運動方法

朝がダイエットに良いと言うのはわかってもらえたと思いますか朝からそんな運動をする時間なんてないし元気もない!大抵の方がそうだと思います。なのでここから紹介する運動は時間をかけずにできるものとなっています。

基礎代謝を高めることが目的なのでどこに激しい運動をしなければならないと言うことではありません。

歯磨きをしている時や食事をとっているときにつま先を上下に動かす

これはふくらはぎに刺激を与えることによって血流アップの効果があります

歯磨きをしている時や食事をとっているときにつま先を上下に動かす

これはふくらはぎに刺激を与えることによって血流アップの効果があります

テレビを見ながらスクワット

大きな筋肉をいちどに背中、脚、お腹、お尻を刺激でき脂肪燃焼効果も高まります。

下半身を効果的に鍛えるたのスクワット方法

自宅でも簡単にできるスクワットを紹介していきたいと思います。

ダイエットで基礎代謝を上げるためにも、大きな筋肉を鍛えることはかなり有効となるのでおススメですよ。

筋トレ目的やダイエット目的、体力をつけたい人にやってもらいたい!

体力を上げるためにはジャンプスクワット

f:id:uichi0920:20191128080617j:image

しゃがんだ状態からジャンプをして両手を振り上げ上げる

かかとは上げた状態を保つ

しゃがんだ時に太もも

ジャンプの時にふくらはぎ

に意識をします。

はじめは10回×3くらいから始めましょう

回数は目安なので自分に合った回数でも大丈夫です。

お尻と前側の太ももを鍛えるフロントランジスクワット

f:id:uichi0920:20191128080920j:image

片足を前に出して重心を落とす

左右交互に行います

背筋をしっかり伸ばし、体を落とす時には両足で体重をささえます。

下半身はブレやすいのでブレないように力をいれます

目線は正面をみます

はじめは各足10回ずつから始めましょう

回数は目安なので自分に合った回数で大丈夫です。

太ももの内側を鍛えるワイドスクワット

f:id:uichi0920:20191128080933j:image

普通のスクワットよりも足を大きなく開きます

お尻をしっかりと沈めることが重要です

足をハノジに開き膝を外側へ向けることを意識します

はじめは10回×3から始めましょう

回数は目安なので自分に合った回数で大丈夫です。

最後に

今回朝ダイエットがいい理由を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

これなら自分にもできるかもと感じたかたは是非試してみてくださいね。

朝のちょっとした時間を使っての運動なので継続することが難しくはないと思います。

隙間時間を有効に使いながら綺麗な体づくりを目指していきましょう。

最後にスクワットの紹介も参考にしていただきながら朝ダイエットやってみてください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村