ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

年齢別、子供のおちゃの選び方!おすすめおもちゃ紹介[0歳、1歳.2歳も.3歳.4歳、5歳]

子供のおもちゃの選び方

今の年齢だとどんなおもちゃを買ったらいいのか悩むと思います。

せっかく買うなら楽しく遊んでくれるものや、子供の成長につながるものを買ってあげたいですよね。

今回は0歳から5歳くらいの子供のおもちゃの選び方やおもちゃの紹介をしていきたいと思います。

 

 

0歳〜1歳のおもちゃ選び・おすすめおもちゃ

f:id:uichi0920:20191104132225j:image

0歳児は外の世界に出たばかりのなので探究心がとてもつよいです

聞いたり、触ったら、見たり、なめたりしながら外の世界を少しずつ理解していきます。

発達の状態によっては幅広い月齢のおもちゃを選ぶと合わないものもあります。

力のコントロールが上手くできない時期でもあるので乱暴に扱ってしまうこともあります。

選ぶポイント

五感を刺激するもの。

ふったり、握ったり、引っ張ったり、触った肌触るなどを体験させると色々な反応がかえってきて、探究心も刺激されます。

手にあったさいずや口に入れたり、なめても安全に遊べるものにしましょう。

0歳〜1歳、おすすめおもちゃ

1.オーボール ラトルブルー

f:id:uichi0920:20191103161447j:image

このおもちゃは握ったり、ふったりすることで音が鳴ります。

接着剤が使われていないので舐めたりしても安心です。

網目になっているので小さな手の赤ちゃんでも握ることができます。

2.オーボール ラトルレッドカー

f:id:uichi0920:20191103170614j:image

転がすことで音が鳴ります。

軽い力でも転がせるため赤ちゃんでも遊ぶことができます。

ラトルとクルマが合体した形が可愛い感じ。

3.くまのがっこう だいすきおとつみき

f:id:uichi0920:20191103171439j:image

木製積み木で振るとカラカラと音もなります。

積んで遊んだりラトルとしても遊べるので遊びの幅が広いおもちゃになります。

デザインも可愛いです。

1歳〜2歳 おもちゃの選び方・おすすめおもちゃ

f:id:uichi0920:20191104132242j:image

1歳児というのは自我がめばえるくる時期で好き嫌いが見られれようになります。

そのためおもちゃ選びは難しくなります。

成長が著しい時期でもあるため昨日できなかったことが今日はできるというようなこともあります。

普段見たことがあるものを見つけるとよろこんだりうれしくなります。

選ぶポイント

五感を刺激するもの。

大人目線でなく子供の目線でえらぶ

ワンパターンのおもちゃより一つのおもちゃでも遊び方が複数あるものが選ぶポイントになります。

1歳〜2歳 おすすめのおもちゃ

1.キーボックス

f:id:uichi0920:20191104073150j:image

木製のおもちゃで形に合わせてボックスの中にはめるおもちゃです。

カギを使ってフタを開けることができ、中のものを取り出せます。

2.オーバルシロフォン

f:id:uichi0920:20191104074503j:image

木製のおもちゃです。

楽器ではないのですが叩くと綺麗な音色がします。

3.プルート・パコ

f:id:uichi0920:20191104075022j:image

木製のおもちゃです。

これは引っ張るおもちゃで、引っ張るとクネクネと動きます。

触ってクネクネさせて遊ぶこともでします。

2歳〜3歳 おもちゃの選び方・おすすめおもちゃ

2歳児になってくるとなんでも自分でやりたがるようになってきます。

やろうと頑張っても上手くいかないことでイライラしたりすることも多い時期です。

今までに見たものをイメージして遊ぶようにもなってきます。

好きなことや好きなものがはっきりと出てくるため、遊びに偏りが見られることもあります。

選ぶポイント

想像力を広げられるようなもの、ことを選んであげる。

少し頑張ればできるようなこと、ものでできたら次につながるようなもの。ステップアップしていけるもの。

2歳〜3歳 おすすめおもちゃ

1.レコブロック デュプロ

f:id:uichi0920:20191104105538j:image

大きいサイズのブロックなのでとても遊びやすいです。

色々なものも作れるため発想力も鍛えられたり手先をつかうのでよい刺激がえられます。

2.木製のパズル

f:id:uichi0920:20191104110217j:image

ピースも少なめで動物をモチーフにしているもの。

動物をイメージしながらするため考えながら少しずつ完成させる喜びをえられます。

3.マグネットブロック

f:id:uichi0920:20191104112915j:image

いろいろな形の磁石のブロックでいろいろなものを作ることができるため発想力がひろがります。

3歳〜4歳 おもちゃの選び方・おすすめおもちゃ

f:id:uichi0920:20191104132259j:image

言葉もだいぶ覚え自分の意思表示もするようになってきます。

自分のことも少しずつできるようになっていく時期になります。

褒めてあげることでできたことを実感できるようになります。

選ぶポイント

日常生活をイメージ出来るごっこ遊び。

できたことを実感できるもの。

興味、関心を持てるもの。

3歳〜4歳 おすすめおもちゃ

1.くみくみスロープ

f:id:uichi0920:20191104120316j:image

自分でレールを組み合わせてさまざまなコースを作って玉をころがせます。

はじめは小さいコースからできるので発想力も広がりまさす。

2.ハンバーガー屋さんセット

f:id:uichi0920:20191104123419j:image

ハンバーガーを君合わせたり、お店屋さんごっこをして遊ぶことができます。

3.知恵工具セット

f:id:uichi0920:20191104124350j:image

工具を使いいろいろなものを作成。

ドライバー、トンカチネジなどを使うことで発想しながら遊べます。

4歳〜5歳 おもちゃの選び方・おすすめおもちゃ

f:id:uichi0920:20191104132315j:image

4歳児になると運動能力や思考力が発達してくるじきになります。

社会性も身についていくので集団でのルールを覚えていきます。

自立の時期でもあるため自分で出来る自信をつけていきます。

選ぶポイント

遊びの感覚でお勉強が出来るもの。

難易度が高すぎないもので、少しのサポートで出来るもの。

4歳〜5歳 おすすめおもちゃ

f:id:uichi0920:20191104130135j:image

1.小学館 図鑑Neo

動物、海の生き物、昆虫の図鑑やさまざまなゲームがあり夢中になれます。

2.アンパンマンのよみかきタブレット

f:id:uichi0920:20191104130514j:image

アンパンマンたちの声であんないしてくれます。

文字をタッチしながら遊び感覚で文字を覚えていけます。

3.ジスター

f:id:uichi0920:20191104131036j:image

普通のパズルとは違いたて、よこ、斜めと立体的にパズルを組むことができます。

いろいろなものを創造することができます。

 

最後に

今回1歳から5歳までのおもちゃ選びやそのポイントについてまとめてみました。

その時々の発達の状態をしっかりと把握しながらおもちゃ選びをしましょう。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村