https://ping.blogmura.com/xmlrpc/wf14ognoj9h5/

ういちの家

育児、ダイエット、食事関連を主に投稿してます、

魔の2歳児!イヤイヤ期の子供の気持ち、接し方や対処方法

 

 

 

 

魔の2歳児、イヤイヤ期

この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

育児をされている親なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

子供の成長に伴い起こるのですがこのイヤイヤ期というのは親が頭を悩ませる時期でもあります。

そんなイヤイヤ期をいかに乗り越えるかを紹介していきたいと思います。

目次

イヤイヤ期とは何か?

f:id:uichi0920:20191108083343j:image

イヤイヤ期とは、子供の自我が芽生え自分の意思を表現し始める時期のことです。

なんでも自分でやりたがり、自分の気持ちをストレートに表現していきます。

イヤイヤ期には何を言っても「イヤ」「あれもイヤ」「これもイヤ」イヤイヤ」と拒否をしたりします。

子供自身も自分の感情を上手くコントロールすることができないために、大きな声や激しい動きで激しく拒否をすることもあります。

そのため相手をする親もぐったりしてしまうことも少なくありません。

こどもにとってこのイヤイヤ期は成長の過程なので根気強く相手をしてあげるしかありません。

イヤイヤ期はいつ頃からいつごろまで?

f:id:uichi0920:20191108083430j:image

個人差はありますが一般的には6か月から1歳半頃ら始まり2歳頃にピークを迎えると言われています。

イヤイヤの度合いも強い子や弱い子もあるようです。

3歳ぐらいになると言葉も覚え、自分の気持ちを伝えられるようになり徐々に子供は落ち着いていきます。

時期別。イヤイヤ期に見られる特徴や言動

f:id:uichi0920:20191108083443j:image

6か月頃

この時はまだ言葉も話せないため自分のかんじよを手振りや身振りで表現します。

食事が気に入らなければ口から出したり、おむつを変えたくなかったら泣いてバタバタしてみたりします。

優しくて見守っていけば少しずつ治ってきます。

1歳頃

この頃になると興味が出てきたり関心が出てきたりしてきます。

しかし自分の思うように上手くできないこともとあったり、したくないことをやらされたりするとストレスが溜まって爆発してしまったりします。

できないことでイヤイヤになっているときには子供の出来なかったという気持ちに共感してあげましょう。

この時期の子供は、必ずこれっという執着は少ないので他の方に興味を向けてあげるのも対処法としてあります。

2歳

いよいよ本格化

魔の2歳児の到来です。

ピークを迎えたイヤイヤ期は1歳のときのように他に興味を向けて切り抜けることが困難になります。

着替えやおしめ交換ご飯など何に対してもイヤイヤが続きます。

外出先でもこれがあるので親も耐えがたい心労となります。

イヤイヤになっている時は話を聞いてあげ、思いのままにやらしてあげましょう。

3歳

この頃のイヤイヤ期は自我の芽生えや自己主張が理由で起こります。

コミニュケージョンをとろうとしても言葉がまだ未熟なため手が出てしまいたこともしばしば。

子供の気持ちを受け入れてあげて、いっぱいスキンシップを取りましょう。

イヤイヤ期にしてはいけないこと

頭ごなしに怒る

これをしてしまうと子供は『行動を否定された、自己主張をしてはいけない』と、なってしまいます。

どんなに頭にくることがあっても頭ごなしに怒ることはしないようにしましょう。

脅し、否定、交換条件、命令

『おばけや兄が来るよ』『ダメ』『お菓子を買ってあげるから』『〜しなさい』

このようなことはせず子供の意思をしっかりと尊重してあげましょう。

イヤイヤ期を乗り越えたママたち

ほとんどのママたちが『いつまで続くの』と悲鳴をあげたり、『早く終わって欲しい』という声が多くありました。

何をするのもイヤという子供と一緒にいると自分の方も参ってきてかしまぃすよね。

子供が成長していくためと分かっていても冷静に接することは難しいかもしれません。しかし子供も自分のきもちや感情を上手く表現出来なくてイヤイヤになっているということを受け止めてあげるように努めましょう

f:id:uichi0920:20191108083516j:image

まとめ

今回イヤイヤ期についてまとめてみました。

イヤイヤ期での子供がどういう状況で親がどう接すればいいのかをわかっていただければと思います。

育児関連記事

育児の悩み

愛情の注ぎ方

子供の叱り方

子供の悩み、イヤイヤ期

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村