ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

30代40た女性が痩せにくい理由!対処法はこれ!誰でも簡単にできる運動

30代40た女性が痩せにくい理由

f:id:uichi0920:20191201154440j:image

30.0と年を重ねると痩せにくくなったという女性は多いのではないでしょうか。

今回はその理由にちいて記事をかいていこうと思います。

理由は様々ですがまずはこれから!

 

ホルモンバランスが崩れると痩せにくい

意外に意識していない方も多いのではないでしょうか。

女性ホルモンというのはバランスが崩れると体に様々な影響が出てきます。

  1. 食事をとっても満腹感が感じられない
  2. 基礎代謝が落ち体に脂肪や水分を溜め込みやすくなる。
  3. イライラして暴食気味になってしまう。

これらの症状を引き起こしているのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは2種類からなっています。

女性ホルモンについて知ることでダイエットを効果的に進めることができます。

女性ホルモン、エスカトロゲンとプロゲステロン

f:id:uichi0920:20191201154502j:image

この2つで女性ホルモンは成り立っています。

エスカトロゲンの特徴

  1. 満腹中枢を刺激して食欲をおさえる。
  2. 脂肪の代謝を良くして内臓脂肪を減少してくれる
  3. 排卵前が分泌のピークを迎える。

プロゲステロンの特徴

  1. 妊娠にに備え体内の水分や脂肪を溜め込む。
  2. イライラしたり情緒不安定になる。
  3. 排卵後が分泌のピークを迎える。

エストロゲンの低下

f:id:uichi0920:20191201125833j:image

30歳ごろよりエストロゲンは低下していきます。

エスカトロゲン低下の影響で自律神経失調症状態になったり倦怠感、うつ症状、不眠症などの精神疾患症状が現れたりします。

ホルモンバランスを保つ

この二つの特徴を見るとエスカトロゲンが良い働きをしていてプロゲステロンが良くない働きをしているためエスカトロゲンを多くしていくといいのか?とおもうかもしれません。

しかしエスカトロゲンが過剰に増えると内臓脂肪が増殖してしまいます。

エスカトロゲンとプロゲステロンのバランスを保つことが重要になります。

ダイエットにいい時期、悪い時期

ホルモンの影響で考えてみると、エスカトロゲンの分泌の多い排卵前となります。

プロゲステロンの分泌の多い排卵後だと水分の吸収や脂肪を蓄えようと作用するためダイエットの効率はさがってしまいます。

バランス良くホルモンを保つために

f:id:uichi0920:20191201164443j:image

低下したエスカトロゲンのバランスを改善するために効果的とされていることがあります。

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠

適度な運動、睡眠をしっかりととる。

食事でエスカトロゲンのバランスを保つのによいものとしては納豆や豆腐がよいとされています。

大豆イソフラボン

f:id:uichi0920:20191201161857j:image

大豆に含まれる大豆イソフラボンがエスカトロゲンと同じような働きをしてくれるため低下したエスカトロゲンを補ってくれます。

過剰に分泌されたエスカトロゲンを抑えてくれる働きもあるので大豆イソフラボンがよいとされています。

ビタミンE、ビタミンB6

アボカドやアーモンドに含まれています。

ビタミンEは卵巣の働きを助けてくれる効果があります。

ビタミンB6には女性ホルモンの分泌を働きかける作用があります。

 

基礎代謝について。

簡単に言えば必要最低限のエネルギーのことです。

エネルギー量(熱量、カロリー)は人により違います

男女平均としては男性1500kcal.、女性1200kcalとなっています。

消費カロリーで最も高いのは肝臓、その次に脳、筋肉となっています。

筋肉では約18%が消費カロリーとして使われています。

 

基礎代謝が低い人と高い人

f:id:uichi0920:20191201164716j:image

人により基礎代謝は違うのですがこの違いにより体に様さまざまな影響があります。

代謝の低い人
1日の消費カロリーが少ないために太りやすい。

そのために消費しきれない栄養が皮下脂肪になってしまいます

低体温にもなり、血管の収縮をおこし血流がわるくなってしまいます。

基礎代謝の低下には次のような症状が現れることがあります。

肌荒れ、冷え症、低体温、顔色が悪くなる、便秘、生理不順

基礎代謝の高い人
摂取した栄養素をしっかりと吸収できる。

摂取したカロリーを消費しやすい。

基礎代謝がが低くなる理由

年齢を重ねることによって代謝は低くなっていきます。

筋肉量の低下によっても陛下する。

不規則な食生活によっても基礎代謝は低下します。

 

基礎代謝を高めるための食事

f:id:uichi0920:20191201164512j:image

基礎代謝を上げるためには、食事の改善や筋肉量の増加がよいとされています。

食事の内容や取り方に気をつけ摩周。

具体的には
体を温める食材を取るようにする。

食材を

カプサイシン(唐辛子、チリペッパー)

ショウガオール(ショウガ)

硫化アリル(ネギ、玉ねぎ')

ビタミンE(アーモンド、かぼちゃ)

 

筋肉を作る食材をを取る

タンパク質(肉、魚)

 

糖質、脂肪の代謝を助けてくれるものをとる

ビタミンB1、ビタミンB2

(豚、卵、大豆、レバー)

 

甲状腺ホルモンを整える食材をとる

ブラジリアンナッツ、白豆類

適度な運動

f:id:uichi0920:20191201164538j:image

筋肉量の低下を防ぐためにも適度な運動をしてをするようにしましょう。

 

ダイエットを成功させるために

f:id:uichi0920:20191201164600j:image

誰でも簡単にできる運動

ダイエットのために運動を始めたいけど、なにをしていいのかわからない。そんな方のために、いくつかの運動を紹介していきたいと思います。

歩く(ウォーキング)

f:id:uichi0920:20191201154522j:image
日常生活の中で歩くことはあるけど、ダイエットを意識はしませんよね。

歩き方一つでも運動効果はは違ってきます。

そして歩くことは場所を選ばず簡単に行えるため有酸素運動と筋力アップにオススメです。

走る(ジョギング)

ジョギングは膝あの負担がかかるためある程度体重が落ちてから始める方がいいと思います。

体を痛めてしまってはダイエットどころではなくなりますからね。

水中を歩く

これはジョギングとは違い膝への負担がかからないのでオススメです。

普段の歩行とは違い水の抵抗もあるため普通に歩くだけでも効果的です。

水の抵抗を感じ、どの筋肉が使われているかを意識すると良いです。

 

始めるときはまず小さな目標を決めてください。

ちいさなも目標をクリアできたらまた次の目標を決める。この繰り返しでやれば達成感を得ることもでき次につながっていくと思います。

大きすぎる目標をたててしまうと挫折することが多いです。その結果リバウンドしかねません。

小さな目標をコツコツとこなしていくのがダイエットを成功させるために大事なことかなと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村