ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

赤ちゃんに保湿が必要な理由。おすすめ保湿剤で赤ちゃんのお肌を守ろう。

赤ちゃんには保湿が大切

 

f:id:uichi0920:20191203234715j:image

赤ちゃん幼児期の肌

赤ちゃんの子供はまだ大人ほどの肌に比べ厚みが少なく、外部からの刺激を受けやすい状態になっています。

そのため肌トラブルを起こしやすくなります。

赤ちゃんの肌はデリケートなため適切な保湿をしてあげることで肌トラブルを防ぐことができます。

乾燥や紫外線、細菌から子供の肌を保護してあげましょう。

保湿が足りないとどうなるのか

f:id:uichi0920:20191203234803j:image

保湿をしてあげなければ子供の肌は乾燥してしまいます。赤ちゃんの肌は水分を溜め込む力が弱いため乾燥しやすくなっています。

炎症を起こしたり湿疹が出たりアレルギー反応を起こしたりもします。

赤ちゃんに使える保湿剤

保湿剤には様々な種類があります。

オイル、クリーム、軟こう、ワセリン、ローションなどがあります。

肌の状態や使用する部分によって使い分けをしていきましょう。

保湿剤の使い方

f:id:uichi0920:20191203234817j:image

オイルタイプ

肌を保護して保湿する効果があります。

マッサージに使ったり、オムツ交換の時の汚れの拭き取りにもつかえます。

クリームタイプ

保湿力が高く、乾燥しやすい顔におすすめです。特に口周りがおすすめです。

ローションタイプ

ローションタイプには透明な化粧水タイプと乳液タイプのものがあり、さらさらとした使用感で塗りやすく顔や全身など広範囲に使うことができます。

ワセリン

皮膚の表面に膜を作り肌の水分の蒸発をふせいでくれ、肌荒れ予防におすすめです。

保湿剤の選び方

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、刺激の少ないもの、添加物の入っていないものを選ぶと良いでしょう。

食物性のものはアレルギー反応があることもあるので慎重に選ぶようにしましょう。

動き出した赤ちゃんに保湿剤をぬれのはなかなか難しく手間取ってしまいます。

保湿剤は塗りやすいものを選ぶとよいでしょう。

冬場の乾燥する時期はクリームタイプやワセリンを使ったり、夏場の湿気の高い時期にはローションタイプを使ったりと使い分けると良いでしょう。

病院での処方(ヒルドイド)

一般では市販されていないので病院での処方となります。

効果としては乾燥を防いだり、血流を良くしてくれる作用があり、赤ちゃんの保湿に対しても良く処方されます。

早めの受診も大切

保湿を頑張っていても肌荒れや湿疹が出てくることはあります。

肌に異常が見られる場合は専門医に見てもらうことをおすすめします。

乾燥ではなく細菌やアレルギー反応の場合もあため診察、検査をしてもらいましょう。

市販商品でおすすめの保湿剤

アロベビーミルキーローション

成分の99%が天然由来の成分でできています。

日本人の肌に合わせて開発されており製造も日本で行われています。

ホホバオイルとシアバターで配合。

角質を潤いで満たしてくれ水分をしっかりと肌を保護してくれます。

アロベビークリーム

天然由来の成分で肌の保護機能が高くオムツかぶれに使えます。

肌本来の力を高めてくれるので普段から全身の保湿に使えます。

ピアバーユ

低温抽出された特性馬油。

多くの産院で支持されています。

乳頭、乳房にも使用できます。

赤ちゃんの口に入っても大丈夫なので授乳もそのまま拭き取らずにおこなえます。

カネソン Kaneson ピアバーユ 25ml 1本入

カネソン Kaneson ピアバーユ 25ml 1本入

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
ベビーワセリン

乾燥だけでなく赤切れにもつかえます。

口にもぬれリップとしても使えます。

難点はワセリンなのでベタベタしてしまうところです。

初めて使用するものであればまずはママ、パパで試してみてから使用すると良いかと思います。

最後に

赤ちゃんにとって肌の保湿の大切さを知っていただけたでしょうか?

毎日の保湿で赤ちゃんの肌をしっかりと守ってあげてください。

そして変わりがあれば専門医に早めに相談をし対処をするようにしましょう。

 

手足口病

www.uichiblog0920.com

溶連菌

www.uichiblog0920.com

ヘルパンギー

www.uichiblog0920.com

インフルエンザ

www.uichiblog0920.com

虫歯

www.uichiblog0920.com

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村