ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

幼児期の接し方で変わる、子供の成長!頭の良い子に育って欲しい方へ

頭の良い子になって欲しい

親の多くの方は我が子が賢い子、頭の良い子にと思うのではないのでしょうか?

どうすれば頭の良い子に育ってくれるのか?

今回は頭の良い子、賢い子に共通する幼児期の傾向や習慣、特徴にちいてまとめていきたいと思います。

頭の良い子ってどんな子?

f:id:uichi0920:20191210040544j:image

頭が良いと言っても、覚えるのが早い子、頭の回転が早い子、話が上手な子など様々です。

頭が良いと評価されている子供には、親子のコミニュケージョンが多い、なんでも挑戦させてあげる、親が余 子供を認めてあげ褒めてあげる、という特徴があります。

幼児期に対する親の接し方

  1. 親子のコミニュケージョンが多い
  2. なんでも挑戦させてあげる
  3. 子供を認めてあげ褒めてあげる
親子のコミニュケージョンが多い

f:id:uichi0920:20191210040602j:image

幼児期は親や周りの話し方や言葉使いを聞いて言葉を驚くほど吸収していきます。

親子のコミニュケージョンが子供にとって大きく影響します。

幼児期は体力、精神力が要求されますが子供の将来のためしっかりとコミニュケージョンを取るようにしましょあ。

なんでも挑戦させてあげる

f:id:uichi0920:20191210040620j:image

幼児と接する上で親に求められることの一つは忍耐でしょう。

子供の言動にもどかしくなったり手伝ってあげたくなったりする場面もあります。

しかし子供には自分でさせてあげる。失敗が子供の成長につながります。たくさんの挑戦をし成功と失敗を繰り返すことで子供の成長につなげましょう。

子供を認めてあげ褒めてあげる

f:id:uichi0920:20191210040632j:image

子供はいろいろな言動をします。

しかし、何とかしなさい、早くしなさい、ダメって言ってるでしょ、と言ってしまいがちですが褒めたり認めたりするときは親に余裕がなければなかなか出来ません。

すごいね、できたね、と褒めてあげることで子供は自信を持てたり主体的に物事を考えられるようになります。

最後に

今回、頭の良い子に見られる幼児期に影響を与える接し方について3つのことを紹介しました。

日々の暮らし中で子供との関わり方を見直すことで子供は大きく成長していけるのではないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村