ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

クリスマス時期になると思い出す映画(ホームアローン)と実際にいた間抜けな泥棒の話

クリスマス時期に思い出す映画(ホームアローン)

クリスマス前になるとよく金曜ロードショウで毎年のようにしていたからなのかしれません。

実際にはあり得ないようなことが起こってしまい、もし本当に子供の身にこんなことが起こればかなり怖いでしょうね。

ホームアローンのストーリー

f:id:uichi0920:20191213133253j:image

シカゴに在住するマカリスター家は、ケビンの伯父(ピーターの兄)のパリ転勤を機にクリスマスの家族旅行に行くことになっていた。しかし深夜に起きた停電で目覚まし時計がリセットされてしまう。翌朝、全員が寝坊した上、急いで空港へと向かったため、前日の兄とのトラブルにより屋根裏部屋で寝ていた8歳の少年ケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)が1人家に取り残されてしまった。

ケビンはうるさい家族がいなくなった事を喜び、1人暮らしを満喫する。しかし、その家を2人組の泥棒、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーヴ・マーチャント(ダニエル・スターン)が狙っていた。ケビンは家を泥棒から守るべく、日用品を用いて家中にトラップを仕掛け、泥棒たちを迎え撃つ。

スカッと笑えて楽しい映画です( ^ω^ )

子供でもわかりやすいので子供でも好きになれそう。

トムとジェリーのような掛け合いにも似ている気がします。

 

ケビンのいろいろな仕掛けに泥棒たちが見事にハマっていくところに爽快感を感じます。

こんな間抜けな泥棒なんてそうそういないと思います。

そうそういない、けど間抜けな泥棒もいる。

実際にいた!泥棒の衝撃映像が間抜けすぎる!

画素はホームアローン犯人

f:id:uichi0920:20191213135554j:image

泥棒の衝撃映像というものを見ていたらホームアローンローンに出てくるような間抜けな泥棒の映像を観ました。

テレビを盗むためにハンマーでガラスを破り店に入るのですが、お目当てが壁掛け式の大型テレビ!

しかししっかり固定されておりなかなか取れない。

そこへもうひらりの仲間の登場!

外きたのですがガラスがないと思い込みガラスに激突!

破れたところから入りなおすも床のガラスに滑り転倒…

もう一人がまたきてテレビを外すことができたが無理やり過ぎて液晶破損。

結局何も取れず店外に!

最後は割って入った人がガラスで滑り転倒…

 

犯人はまだ捕まってはいないらしいが時間の問題でしょうね。

 

リアルホームアローンのようなお間抜けな犯人でした( ^ω^ )

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村