ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

ワンオペ育児をさせられているママの声!家事、育児をしない男性が多い理由

皆さんワンオペ育児って言葉は知っていますか?

雑誌やテレビではよく目にするワンオペという言葉。

これはどういった状態のことなのか!

使い方を間違っている方も多いようなのでワンオペについての紹介となぜそのような状況になるのかを紹介していきたいと思います。

 

ワンオペとは

f:id:uichi0920:20191229211555j:image

ワンオペとは、配偶者がなんらかの事情でいなくなり、仕事、家事、育児の全てをひとりで行わなければならないこと。

母親を指すことが多い為ワンオペ育児ママという派生語まであるくらいです。

元々はコンビニや飲食店で一人勤務をしなければならない人のことをさすワンオペーレーションの略称です。

多くのママがワンオペ育児をしているのではなく、させられているという現実があるようです

ワンオペ育児をさせられているママたちの声!ツイッター引用

f:id:uichi0920:20191229211750j:image

ツイッターで見つけたワンオペママ達の声。

 

 

 

仕事はしてるけど、家に帰った時に育児もしない家事も全くしないではママ達にストレス溜まりますよね。

申し訳ない。

育児は本当に大変ですよね。

一人でさせられたら嫌にもなると思います。

家事、育児をしない男性が多い理由

f:id:uichi0920:20191229212211j:image

なぜ男性に家事や育児をしない方が多いのかその理由は4つあります。

  1. 性別役割分業の思想が強い
  2. 男性が家事育児をするのは恥ずかしいことだと勘違いしている
  3. 仕事で疲れていることを言い訳にしている
  4. 家事育児のやり方がそもそもわからない

1.性別役割分業の思想が強い

この現代においてもまだ、男は仕事、女は家庭、という性別で役割を決めつける思想が強いことです。

現在共働きの夫婦が40%近くまでふえています。

それなのに思想だけは強くのこってしまっている状態です。

この思想を持っている人は家事、育児は自分の仕事ではないと考えなのでお話にならない状態といえます。

最近流行ったイクメンという言葉もよく考えると普通のことをさもすごいことのようにいってますよね。

こういった思想の方を上手く扱うには、申し訳なさそうにお願いしてやってもらい、できたらひたすら褒める。

小さな子の育児と同じです。

家事育児をするとみんなが嬉しいということをすり込んでいきましょう。

2.男性が家事育児をすることは恥ずかしいことだと勘違いしている

f:id:uichi0920:20191229212230j:image

これも性別役割分業から感じる感情と言えるでしょう。

こういう方は男が家事をするのはどうなのと考えているので、家事や育児を肯定している記事やテレビを見せることでみんなやっているんだ、自分もやろうと考えを変えてくれたりします。

昔は恥ずかしい、かっこ悪いと思われていたかもしれませんが今は逆にカッコいい、みんなやっていること、だということを伝えてあげましょう。

3.仕事で疲れていることを言い訳にしている

共働きが増えた現在ではもはや言い訳にもなりません。

疲れているのはお互い様なんですから。

4.家事育児のやり方がそもそもわからない

f:id:uichi0920:20191229212823j:image

食器洗浄、洗濯機などの使い方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

使い方がわからないからやろうとしない。

はじめは誰でもわからないものです。

ゆっくり丁寧に使い方ややり方を教えてあげるようにしましょう。

使い方ややり方を覚えてしまえばその後はしてくれることも増えていくのではないでしょうか。

最後に

今回ワンオペ育児ママの思いと男性がしない理由について紹介しました。

家事育児は大変な仕事ですのでワンオペにならないようにしていきたいものですよね。

一緒にすくすく子育てで勉強しましょ!