ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

冬になると昆虫はどこにいるの?昆虫の不思議!昆虫の冬の過ごし方。

冬場の寒い時期になっても子供が『虫取りに行こう』と誘ってきます。

いくのはいいのですがこの寒い時に虫なんかそうそう見つかりません。

ダンゴムシやてんとう虫はよく見つかるんですけどね。

夏や秋に沢山いた虫達はどこに行ったのか。

不思議に思い調べてみました。

 

昆虫の冬の過ごし方

昆虫は動物のように体温をコントロールすることはできません。

そのため昆虫達は3つの選択肢から冬を乗り越えます。

  1. 暖かい場所に移動する
  2. ただ冬が過ぎるのを待ち耐える
  3. 往生する(死ぬ)

と言った選択をするようです。

トンボや蝶などは暖かい場所に移動します。

移動ができない昆虫達はこの葉で巣を作ったり、土の中に潜ったりします。

しかしほとんどの昆虫は寒さに耐えられず死んでしまいます。

秋に卵を産み次世代につないでいき、生涯をまっとうします。

 

やはり冬に昆虫を探すことは難しいということですね。

寒さを耐えれる昆虫たち見つけたい!見つけ易い昆虫

f:id:uichi0920:20200104122211j:image

ほとんどの昆虫は卵の状態で冬を越すのですが、冬の寒い時期でも元気な昆虫もいます。

クロギリギスやムラサキシジミなどは冬を成虫の状態で越すので見つけられるかもしれません。

f:id:uichi0920:20200104122228j:image

カブトムシやクワガタなどは幼虫の状態で冬を越すので、土の中や、朽木の中などを探してみるとみつかるかもしれません。

 

最後に

冬の昆虫採集は難しいことがわかりました。

ほとんどの昆虫が卵の状態なので卵を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

山での昆虫採集は危険なこともあるので注意は必要です。

 

カブトムシの育て方

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村