ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

子供とのお散歩を楽しむことで心も体もリフレッシュ!

子供とお散歩していますか?

室内ばかりで遊んでいませんか?

天気がいい日はお外に出ると子供にとっても親にとってもいいことがたくさんあるんです。

私も子供とお散歩に出ることがあるのですが、外に出ることで子供は楽しそうです。

今回は子供とのお散歩のいいところを紹介していきたいと思います。

 

子供とのお散歩がいい理由

f:id:uichi0920:20200225084914j:image

子供とのお散歩は様々な良い効果がたくさんありますので見ていきましょう。

  • コミニュケージョンが取れる
  • 体力や筋力がつく
  • 免疫力が高まる
  • リフレッシュできる
  • 交通ルールが学べる
  • 目に入るものや触れたものから学べる
  • 季節を感じられる
  • 自然と触れ合うことで刺激をうけられる
  • よく眠れる

以上のような効果が得られます。

コミニュケージョンが取れる

f:id:uichi0920:20200225084926j:image

お散歩をしている時は子供だけに集中することができるので、子供も自分を見ていてくれていると感じられ、それが嬉しくてたくさんお話をしようとしてくれます。

お家でもコミニュケージョンは取れますが、家事をしていたりするとどうしても、ながら育児となってしまうことがありますよね。

子供は自分のことだけを見てほしい、見てもらえるのが大好きなので、お散歩中は自分だけを見てもらえるので子供にとってはとても嬉しい時間なのです。

体力や筋力がつく

f:id:uichi0920:20200225084948j:image

大人でもそうですが子供にとっても歩くことで心肺機能が高まったり筋力がついたりするのでお散歩はおすすめです。

大人は運動不足になりがちなので運動不足の解消にも良いと言えます。

歩く時間や距離はお子さんの体力にあわせて無理はしないように気をつけましょう。

免疫力が高まる

f:id:uichi0920:20200225090109j:image

外気に触れたり、身体機能が向上することによって免疫力は向上します。

1日に少しの時間でも良いので外にでるようにすると良いです。

人混みなどにいくとウイルスや細菌をもらう可能性があるので注意は必要です。

リフレッシュできる

f:id:uichi0920:20200225085003j:image

太陽のもとで自然と触れ合うことでリラックス効果があります。

室内ばかりで遊んでいると親も息が詰まったりしてきます。

子供も同じようにお家ばかりではストレスが溜まってくるた外へ出てリラックスとリフレッシュしてあげることが大切です。

交通ルールが学べる

f:id:uichi0920:20200225085419j:image

外に出ることで危険なところを覚えたり、交通のルールを覚えることができます。

道路を歩く時は白線の内側を歩くこと、信号の見方、横断歩道の渡り方などを教えたりしながら歩くことができます。

目に入るものや触れたものから学べる

f:id:uichi0920:20200225085034j:image

虫の声、鳥の声などの音や花や木の様子を見ることで季節の変化を感じられ子供の感性に刺激を与えることができます。

目に入る花や葉っぱ生き物に注目しながら散歩することで四季を感じられる自然を学びながら歩くことができます。

よく眠れる

f:id:uichi0920:20200225090101j:image

1日の運動量が足りないと寝つきが悪かったり夜中に起きてしまったりしてしまいます。

外に出ることで日のばかりを浴びることや気分の高揚によって室内では遊ぶよりも体力を消費します。

そのためお昼寝がしやすくなったり夜に寝つきが良くなったりします。

 

お散歩はコミニュケージョンが取れたり、子供の体作って、自然と触れ合えたり、いろいろなことを学べたり、寝つきをよくしたりと様々な良い効果が得られます。

散歩に行きたくなってきましたか?

 

www.uichiblog0920.com

散歩の楽しみ方

より楽しいお散歩をするためには以下のような方法があります。

目的地を決めて出発

f:id:uichi0920:20200225085432j:image

目的地を決めることでそこまで頑張ろうという気持ちになります。

私の場合は近場に消防署があったり、大きな公園があったりするのでそういったところを目的地にしています。

そこにいくと子供が楽しいと感じられるところが良いでしょう。

遊びながら歩く

f:id:uichi0920:20200225085022j:image

お散歩中に見えるものの名前を当てっこしたり、色探しなどをしながら子供と楽しくお散歩をすると、『こんなものも知っているんだ!これこんな名前なんだ』など、子供の成長を見れたりするので楽しいですよ。

飲み物、おやつを持っていく

f:id:uichi0920:20200225085117j:image

目的地に到着したらおやつタイムにしましょう。

おやつの時間は子供にとって癒しの時間であったり、嬉しい時間となります。

歩いて疲れたー体をリフレッシュさせましょう。

外でのおやつはピクニックに来たような感覚もあり新鮮な気持ちにもなれますよ。

 

散歩をちょっとしたイベントみたいにすると子供は楽しんで出掛けられますよ。

 

www.uichiblog0920.com

お散歩で気をつけること

楽しくお散歩をするたまにも気をつけなければいけないこともあります。

注意点もいくつかあるので見ていきましょう。

子供を急かさない

f:id:uichi0920:20200225085305j:image

子供は目線が低いため、道にある小さな花や虫などを見つけやすく、それが気になって立ち止まることや寄り道をすることも多々あります。

そんなときに、『早くしなさい、早くいこー』と急かすことはやめましょう。

子供とのお散歩は子供のペースでゆっくりいくことが大切です。

散歩に適した靴選び

f:id:uichi0920:20200225090247j:image

歩く上で靴はとても大切なものとなります。

サイズが合っていなかったら靴ずれを起こしたり、指が痛くなったりします。

サイズの合った靴を準備してあげましょう。

靴のタイプも硬い靴ではなく、軽くて柔らかい運動用のものを選ぶようにしましょう

安全の確保

f:id:uichi0920:20200225090341j:image

なるべく歩道の整備が整っている道や車が入って来られないような道を選びましょう。

子供は好奇心おうせいのため道路に飛び出しそうになることもあるので子供の側を一緒に歩くようにしましょう。

事故や怪我をしないよう親が気をつけなければいけません。

最後に

散歩には様々な効果もあり、子供と楽しく過ごせるツールです。

しかし危険なところもあるのでしっかりと気をつけてあげ、子供とのお散歩を楽し見ましょう。

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com

 

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com