ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

認知症を知り、疑いがあれば早期受診をしよう。

最近親の物忘れがひどくなってきているというかた、実はそれ認知症の始まりかもしれませんよ。

親の様子が最近おかしいけどどうしていいのかわからないと言う方がほとんどなのではないでしょうか。

今回は認知症の症状が見られた時の流れについて見ていきたいと思います。

認知症とは

f:id:uichi0920:20200302142941j:image

認知症とは脳の細胞の死滅や脳機能の低下、萎縮によって引き起こされる症状です。

認知症にはアルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型と分類されます。

認知症の症状、特徴

f:id:uichi0920:20200302143057j:image

分類によって症状はさまざまですが以下のような様子が見られたら認知症の疑いがあります。

  • 脳の認知機能の障害
  • 体験そのものを忘れてしまう
  • 時間や場所の見当がつかない
  • 忘れたことへの自覚がない
  • 進行していく
  • 生活に支障をきたす

必要な手続きは

実際に両親や祖父母の方に認知症のような症状が現れた時にすべきこと

  • まず専門医に相談
  • お住まいの市役所で介護保険の申請

疑いがあれば早期受診

f:id:uichi0920:20200302142951j:image

認知症が疑われたら一番にしておきたいことは脳神経外科や心療内科、精神科などの専門医への相談です。

認知症は早期に発見できると進行を遅らせることが出来ることもあるので専門医への相談をしましょう。

最近では認知症を専門にした物忘れ外来というものもできているのでお近くに在ればそちらで電話相談をした見ても良いでしょう。

かかりつけの病院があればそこで相談すると必要な検査が受けられる病院に紹介状を書いてくれます。

認知症であれば通院も定期的に必要になるので出来るだけ通いやすい病院をおすすめします。

お住まいの市役所で介護保険の申請

認知症の疑いが強いと診断を受けたら市役所の福祉課に相談に行きましょう。

認知症と診断されればその後介護サービスを利用する様になるため、介護保険の申請はしておきましょう。

認定が通れば担当職員が聞き取り調査に来てくれてその後要支援、要介護の認定がされます。

介護サービスを考える

f:id:uichi0920:20200302143035j:image

介護認定が降りたら次はどのような介護サービスを使うのかを考えましょう。

介護サービスにはいろいろなものがあります。

  • 自宅で行うサービス
  • 自宅から通うサービス
  • 環境を整えてくれるサービス
  • 自宅ではなく施設でのサービス
  • 介護予防のためのサービス
  • サービス計画を作るサービス

これらに分けられます。

その中で何がその方に必要なのか自分達はどういうサポートをすることができるのかにもよってサービスも変わってきます。

例えば、自分たちは仕事があり日中見られない、でも夜なら大丈夫というケースでは通所リハビリやデイサービスといっものでも良いかも知れません。

本人の意思を尊重してあげる

f:id:uichi0920:20200302143044j:image

利用するのはやはり本人です。

自分たちだけで話を進めるのではなく本人の意見も尊重しながら今後のことをよく話し合うことが1番大切だと思います。

認知症が進行すると話をしてもわかってもらえないかも知れません。

本人に伝わりやすい言葉を選んだりしながら話をしていきましょう。

最後に

今回は認知症の疑いが見られた親を想定して一連の流れを簡単ではありますが紹介してみました。

親や祖父母が認知症になると、通院や役所の手続きとしないといけないことが多くあります。

わからないことは地域の包括支援センターなどの機関を利用するのもよいと思います。

介護サービスの相談や施設入居の手助けなどをしてくれるのであなたの強力な味方になってくれるはずです。

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com

www.uichiblog0920.com