ういちの家

子育てや筋トレ、健康、仕事など興味あることを発信していきます。

介護施設での新型コロナ対策。職員が発熱したら残された職員は最悪なことになる

今回の新型コロナウィルスの影響で介護施設では特に対策が必要となりました。

高齢者への感染による重症化が発表されたために我がグループホームでも感染予防の対策が行われることになりました。

介護施設での新型コロナの対策

f:id:uichi0920:20200317143055j:image

以下のような対策をすることになり、ホームはピリピリしています。

  • 発熱があると出勤停止
  • 面会制限
  • 消毒の強化

発熱がある職員は出勤停止

f:id:uichi0920:20200317143101j:image

  • 出勤してからの検温
  • 欠勤者が出た時の現場

まず発熱37.5度以上がある職員は出勤停止となります。

職場に入る前に検温をして発熱が確認された場合も帰宅をし経過報告

熱が下がってから24時間経過したら出勤がOKになりますが長引けばそのまま自宅待機となります。

欠勤者が出た時には他の職員が残業や休日出勤、勤務変更をし対応しないと介護施設は回りません。

私の施設では新型コロナではありませんが発熱した職員が実際に出たため上記のような対応をしました。

今回は一人だけだったのでなんとかみんなで回すことができましたが、これが二人、三人と職員に発熱者が出てしまうと、一人で1日勤務、その次の日も勤務というようなことになると残された職員も壊れてしまいそうな状況になると思います。

面会制限

f:id:uichi0920:20200317143109j:image

  • 家族に体調不良の方がいないかいないか
  • 来訪時の検温
  • 手指消毒
  • マスク着用

面会前に家族やご自身の体調はどうかという確認と、玄関での検温をまず行ってもらうようにし、アルコールでの手指消毒、マスクの着用をお願いしています。

マスクが今現在不足しているので、来訪者にお配りすることができず、マスクはつけてきていただいています。

消毒の強化

f:id:uichi0920:20200317143135j:image

  • アルコール消毒
  • 次亜塩素酸消毒ナトリウム

アルコール消毒や次亜塩素酸ナトリウムでの消毒は普段から行なっていましたが、次亜塩素酸ナトリウムに関しては玄関や手すりなども追加になりました。

グループホームでは結局のところ、ウィルスを持ってくるのは職員が来訪者なので私たちは特に気をつけて予防と消毒を行うようにしています。

マスクの普及も早くお願いしたいものです。

最後に

今回の新型コロナの影響は凄まじいものがあります。

特に高齢者を相手にしているということもあり、インフルエンザと同様に予防の徹底をしていかなければいけません。

そして体調管理にも注意をし、自分だけではなく、休むことによって残された職員も大変な思いをするということを考えていかなければいけません。

いつまで新型コロナが蔓延し、終息するのか分かりませんが早くおさまってほしいですね。